どうしてこんなに「売れるフォトスタジオ」になったのか

フォトスタジオで1店舗あたり、年間売上1億円超

現在、日本の写真館(フォトスタジオ)業界はここ数年で大きく変わってきています。「バック紙の前で直立してカメラをじっと見て…」といった従来の撮影スタイルから、立体的な背景を利用した多ポーズ撮影が主流となり、そのニーズやクオリティは多様化しています。
そしてパッケージ販売が主流となり価格競争の時代が訪れたここ数年間、従来のスタイルで営業を続けてきた写真館には、新たなビジネススタイルが求められています。
兵庫県内で現在6店舗を構えるスタジオエミュ。2001年のオープン以来試行錯誤を繰り返し、独自のスタイルを確立。現在ではすべての店舗が年間1億円以上を売り上げる写真館となり、そのスタイルは新たな写真館業界ビジネスモデルの1つとなっています。

今の写真館業界に共通する「間違い」

しかし日本の写真館業界はまだまだ過去のスタイルが色濃く残り、相談を持ちかけられる他の写真館の多くは、そのやり方から抜けきれずにいる現状です。

●今でもバック紙での撮影ばかり
●昔ながらの台紙や安いアルバム販売がやめられない
●カメラマンが撮影〜写真選びと、毎日遅くまで重労働

そしてそんな方々には、共通の「いいわけ」がありました。

●バック紙以外での撮影方法がわからないからやめられない
●バック紙を求めてるお客さんがいるから立体背景にできない
●先代がやっていなかったからできない
●高い商品(アルバム)を売ったことがないから売れない

これはほんの一部ですが、「やったことがないから…」「わからないから…」「ウチには合わないから…」といった「いいわけ」で、今でも利益に見合っていないようなハードな仕事をしてしまっている写真館が後を絶ちません。

これからもその方法を続けますか?

そんな苦しい営業スタイル、何か間違ってる、そう思いませんか?
もちろんそうは思っているし感じている。でも何がいけないのか、どこが間違っているのかが「わからない」…そしてまたハードで薄利な日常の繰り返し。
「どうすればこの状況が良くなるか…」スタジオエミュ・エミュラボにはその答えがあります。そして、その答えをあなたのお店で実践します。

これからも現在のやり方を続けますか?
それとも…いまの時代にあった写真スタジオに
生まれ変わってみますか?

生まれ変わりたいと思った方だけ、以下をご覧ください

セクション別で重要となるポイント(一部紹介)

[店内・設備]
・お店に入った瞬間から、お客さまを楽しませられる空間になっているか?
・緊張しすぎることなくリラックスできる空間やサービスになっているか?
・外観〜エントランス〜トイレに至るまで、すべてをお店の雰囲気としてまとめられているか?
・受付、支度、撮影、写真選びまでのストレスの無い導線設計ができているか?
・その店内は本当に…オシャレなのか?
[支度・撮影]
・買ってもらいたい商品に合わせた写真が撮れているか?
・ムダに時間をかけた撮影をしていないか?
・その日の撮影スケジュールに合わせた衣装や小物などの準備が常に整っているか?
・「このお店といったらこんな感じ」と言われる写真になっているか?
・お客さんの求める写真を提供できているか?
[スタッフの対応]
・スタッフ全員がお店の売上金額を意識して接客対応〜商品販売を行っているか?
・電話対応、店頭対応それぞれに合わせたスムーズな動きができているか?
・お客さんが何を求めているかを考えて動いているか?
・スタッフ一人がひとつのことしか出来ない(しない)状態になっていないか?
・店長や管理責任者ばかりが動く環境をつくっていないか?
[経営戦略]
・売り上げたい価格設定に伴った商品を販売できているか?
・近隣のライバル店と似たようなことばかりしていないか?
・繁忙期、閑散期、通年、それぞれのタイミングに合わせた集客行動をとっているか?
・ターゲットを絞った広告活動(訴求内容・媒体選び)を行っているか?
・集客=値下げや特典だと思っていないか?

上記のポイントは、スタジオエミュの経営において、今まで考えてきたポイントの一部であり、相談を受ける他店に訪れたときに「できていないのでは?」と感じることの多かったポイントでもあります。

普通の写真ならスマホで撮れる

技術的な成長やスキルアップは商品価値を高める要素です。しかし、スマートフォンのカメラでも十分に撮れ、加工まで簡単にできてしまう昨今。写真館に求められるのはスマホで撮れない写真、そして日常では味わえない体験を提供できるということ。
もう、「普通の写真を求める」時代は終わっています。
これからの写真館は、スキル(技術)だけの時代から、センス(感覚)も必要となる時代になります。ヘアメイクやカメラワーク、インテリアはもちろん、人をもてなすセンスまで求められます。

大切なのは顧客ニーズを捉えること
そして、報酬のバランスをとること

写真撮影という技術だけでなく、サービスすべてを求められたなら…あなたはどうしますか?
スタッフを増やし、大幅な改装までして、サービスすべての質を高め顧客満足を得られたとき、お客さまが支払う代金が六切り台紙1枚分の金額だけだとしたら…?
上述したとおり、普通の写真を求める時代は終わっています。求められるものに応えられたとき、その報酬も見合ったものにしないとバランスがとれません。もう気づいた方もいらっしゃるでしょう。スタジオエミュが考える顧客ニーズとはそういったことなのです。

スタジオエミュのノウハウをお見せします

オープン以来10年以上をかけて確立したスタジオエミュの営業スタイル、それは少なからず今抱えている悩みを解決する緒になり得るかもしれません。もしかすると今まで固執していた常識が一瞬にして覆るかもしれません。
すべてが揃っているスタジオエミュに、一度見学に来てみませんか?
もちろん見学は無料、 必要なのは交通費だけです。

-なぜスタジオ見学をするの?
電話やメール等でいろいろな相談をいただくんですが、まずはご自分の目でスタジオエミュを見て、感じたうえでお話をさせていただく方が何よりも納得いただけると思っています。
-見学だけしかできないの?
もしご見学いただいた上で、ご依頼いただける事があれば、お受けいたします。
-どのスタジオを見学できるの?
スタジオエミュオフィシャルサイトをご覧ください。ご希望のスタジオがあれば案内いたします。
-なんで無料なの?
求めるものがスタジオエミュにあるのかどうか…しっかり判断してもらいたいからです。現地を体感したうえでスタジオエミュのノウハウが必要だと思われたなら、エミュラボで提供している●インテリアデザイン●デザインアルバム制作●ウェブサイト&カタログ等の販促デザインの他に、●写真館向けの各種コンサルティングも行っていますので、ご依頼ください。

すべてが揃っているとは、こういうことです

実際に見て感じていただきたい内容がどんなものなのか、ご紹介します。
・どうしても欲しくなってしまうデザインアルバム
・そのデザインアルバムにマッチする写真・衣装・ヘアメイク
・そしてそれを販売するスタッフのセールス方法
・また来たくなる店内すべてのインテリアデザイン
・お客様に喜ばれる接客・電話対応
・上記すべてを印象的に演出するホスピタリティ

 さらに、
・それらをスムーズにバックアップする顧客管理システム
どれかひとつでも興味がある方は是非一度、お越しください。

ここまで読んで、行かない理由を探している
あなたに来てもらいたいんです。

最初に述べた、「間違い」「いいわけ」どれも余計な固定観念を捨てて、考え方を変えるだけで、悩んでいた自分がバカらしくなるような、すぐに解決するものばかりです。そんな考え方を変えるきっかけになることこそが見学に来ていただく最大の理由です。
あなたがもし現状に不満を抱えている写真館経営者なら、ここまで読み進めて、いま頭の中で「そこまでしなくても大丈夫」「ウチは状況が違う」「変われるわけがない」と思っているなら、すぐに申込むことをオススメします。
見学はいつでも受け付けています。ただし、写真館の繁忙期に少しで良好な状態で迎えたいなら、ためらっている余裕は無いかもしれませんね。